「私の肌に足りないものは何か?」「不足しているものをどのような方法で補給するのか?」などについて考慮することは、自分が買うべき保湿剤を手に入れる際に、大きな意味を持つと言えそうです。化粧師は肌を刺激することがあるとも指摘されているので、肌の感じがいつもと違うと感じたときは、用いない方がいいのです。