肌質というのは、生活サイクルやスキンケアで違うタイプになることも多々あるので、手抜きはいけません。危機感が薄れてスキンケアをしなかったり、堕落した生活を続けるのは改めるべきです。美肌の原則として「うるおい」は外せません。